安定は希望です。

議会報告

高齢者の肺炎球菌ワクチンについて
[2015-09-12]

 先進国の高齢化率を比較してみますと日本は、1980年代まで下位でし

たが、2005年ごろには、最も高い水準となり、世界のどの国も経験した

ことのない高齢社会を迎えております。男女ともが、平均寿命で世界最高水

準を達成する中で、いま注目されていますのが「健康寿命」という考え方で

す。これは、介護などを必要とせず、健康でいられる期間のことで、厚生労

働省の2010年発表によります、日本人の健康寿命は、男性が70.42

4歳、女性が73.62歳となっております。単に長寿であるだけでなく、

「いかに健康で過ごすことのできる期間を長く保つか」が大切になります。

 いま、日本では、毎年120万人を超える方が亡くなっております。死因

の第一位は「がん」、第二位は「心疾患」、第三位が「肺炎」です。

 そして、肺炎でなくなる96.8%が65歳以上の方です。

生活習慣を見直す、運動機能を鍛える、脳機能の低下を防ぐ、口腔ケアを充

実させるなど高齢者自身ができることはいくつもあります。

 さらに、肺炎球菌による感染症を予防する「予防接種」も健康寿命をのば

す大切な選択肢のひとつです。そして、本年4月度より定期接種となりまし

た。

そこで、質問です。

①肺炎球菌ワクチン定期接種後、対象者が何名で、その中で何名の方が接種

されましたでしょうか

②肺炎球菌ワクチンの接種漏れを防ぐための再通知を行うべきと思いますが

本市の見解を伺います。



HOME
PAGETOP

ブログ プライバシーポリシー お問い合わせ URLメール送信

■ お 役 立 ち リ ン ク ■
PAGETOP