安定は希望です。

議会報告

子育て支援カード導入を(2014年12月度一般質問)
[2014-12-20]

子育て支援カードの導入を 2014年度の経済財政白書によりますと、日本の労働人口は6、577万人から2030年には、5、687万人まで急減する との報告がありました。そこで、今後大切になってくることは、いかに子育て世代を応援しうるかということになります。 そうした中、子育て世代の支援の一つとして「子育て支援カード」 事業を実施している自治体があります。子育て支援カードとは、中学3年生までの子どものいる家庭、または妊娠中の人がいる家庭に配布されるカードで、その支援カードを協賛店で提示すると、割引などのサービスが受けられる子育て家庭への優待制度です。なお協賛していただける店補には、「協賛ステッカー」や「協賛ポスター」など提示があれば、利用しやすいと思います。また「支援サービスは、協賛店、施設の善意と協力でなりたちますので、支援サービスの店をいかに広げていけるかが鍵となります。子育て支援カードを既に導入している静岡県では、平成18年4月より 実施の意向を表明した市や町から順次開始し、平成19年10月には、県内全ての市、町で事業が実施されています。この事業に賛同した協力店や施設は、平成26年4月現在、県内6、598店に広がっています。子育て支援カードの導入について、本市の見解を伺います。



 



HOME
PAGETOP

ブログ プライバシーポリシー お問い合わせ URLメール送信

■ お 役 立 ち リ ン ク ■
PAGETOP