安定は希望です。

 この度の市議選では、皆様の絶大なるご支持を頂き、市議会に再び送り出していただきました。
本当にありがとうございます。
これからの4年間、未来をつくるまちづくりとして、3っの挑戦をしてまいります。
①いのちと健康を守るまちづくり。
②子どもたちが輝くまちづくり。
③安心・安全で潤いのあるまちづくり。
 皆様のより一層のご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。





2018公明党都本部新春賀詞交歓会に参加
[2018-01-13]


2018年1月12日(金)京王プラザホテルで
公明党東京都本部新春賀詞交歓会が
行われました。

山口那津男代表、自民党二階堂幹事長、小池百合子都知事はじめ
各区市町村長、商工界、労働界 の各界から多数の来賓が出席しました。

安心・安全で潤いのあるまちづくり
[2015-04-01]

・災害に強い防災のまちづくりやゲリラ豪雨などの雨水完遂対策を
 推進

・防災機能を強化した新庁舎の建設を推進

・市民が利用しやすい金山公園の管理推進



 

食品ロス削減の取り組みが清瀬市のHPに掲載
[2017-12-31]


議会質問で取り上げてきた、食品ロス削減についてが、市のHPに掲載されました。

ライフメニューの中で、ごみ・環境 をクリックして、食品ロスを削減しましょうを選んでください。

食品ロスを削減するためのノウハウが掲載してあります。

質問の中で、市民の方に食品ロスの削減を積極的に取り組んで頂けるよう、HPでの周知を提案しておりました。

女性視点の防災ブック「東京くらし防災」について
[2018-03-06]

東京都は平成30年1月19日、女性視点で作成した新たな防災ブック「東京くらし防災~わたしの『いつも』がいのちを救う。」を3月1日より都内各所にて配布すると発表しました。区市町村施設のほか、百貨店、地下鉄、銀行など民間企業の協力のもとさまざまな場所に設置するそうです。
この女性視点の防災ブックは、都議会公明党が2016年12月に、17年度の予算要望の中で小池都知事に提言しこの度、実現したものです。
 東京都では、東日本大震災以降、都民の防災意識を高め、各家庭において首都直下型地震などのさまざまな災害に対する備えを万全にしてもらうことを目的に、日常的に活用できる防災ブック「東京防災」を作成。平成27年9月より都内の各家庭への配布や一般向け販売、電子版のリリースなどを行ってきました。
さらに女性の防災への参画を促すとともに、女性ならではの
                       No2
視点での防災と災害時の対処法を広く啓もうすることを目的に、平成29年5月に「女性視点の防災ブック 編集・検討委員会」を設置。被災時の授乳方法やミルクの確保、乳児用液体ミルクの備蓄、日頃から家庭内で活用できる防災対策など、防災ブックに記載すべき内容について女性有識者の意見を参考に編集を進めてきました。防災ブックはB6判164ページ。都立・区市町村立の施設のほか、私鉄・地下鉄などの駅、百貨店、郵便局、銀行など民間企業の都内店舗に設置されます。さらに都民が身近な場所で手に取ることができるよう、2月には新たな設置協力企業を募集しています。市民が身近な場所で手に取ることができるよう、区市町村のほか、民間事業者等のご協力を得ながら、3月1日より配布を行っています。
本市での設置場所や配布状況などを伺います。
    また、今後どのように活用されるのか伺います。
 




 

2018年あけましておめでとうございます。
[2018-01-01]

皆様 いかがお過ごしでしょうか。

改めまして あけましておめでとうございます。

本年もどうかよろしくお願い申し上げます。
また 皆様にとりまして素晴らしい一年に
なりますよう心より
お祈り申し上げます。



 


HOME
PAGETOP

ブログ プライバシーポリシー お問い合わせ URLメール送信

■ お 役 立 ち リ ン ク ■
PAGETOP